忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

誰でも面白いゲームを作れるようにするには

この記事の続きみたいな物だが、面白いゲームを作れるようにするための方法論を一旦書いておくとする。

1.手間の削減

例えば面白い3Dオープンワールドのゲームのアイディアがあるとしよう。だが、個人はおろか大企業でも中々アイディアの実現は出来ない。これと似たような問題は多数にある。

これに関しては何とかして新しい技術を作るしか無いと考えている。幸い、VRペイントソフトのTilt Brush東北大学と凸版印刷が共同で制作した3D生成技術など手間を大幅に削減できそうな技術が徐々に出始めている。
とんでもないPCパワーを必要とするディープラーニングも枯れてきていてAmazon等のクラウドサービスで比較的手軽に出来るようになってきている。

2.宣伝の場

もし1の技術が出来て面白い物が出来たとしても、宣伝が上手く行かないという問題がある。
これに関しては1つアイディアがある。面白い物を教え合うSNSを作るという物。上手くいくかどうかは分からないが、やってみる価値はある。個人的に昨今の大手SNSに飽きているので一石二鳥だ。

3.プレイ環境の場

フリゲをやるのが面倒くさいという場合もある。また、そもそもPCでゲームをやる人も少ないという見方もできる。

これは私が人から聞いた話だが、現在PCでゲームをプレイしている人数は50万人だという。また、ソースがあやふやなので正しいか分からないが、聞いた話ではあのFate/Stay nightのPC版売上が約14万ほどだという。当然コンシューマゲームなどを見て分かるように非常に少ない数字だ。他にもPCでゲームをやらない人(特に有料の場合)を示す数字は他にも幾つかある。

これに関してもアイディアが1つある。ゲーム機でフリゲを移植できるようにすればいい。やるとすれば、やはりニンテンドースイッチだろう。幸い、現在の任天堂はインディーズや各ゲームエンジンの対応に尽力している。おそらく無料というのは無理で、またCEROの問題があるが有料であれば然程問題はない。

また、フリゲ用のゲーム機そのものを作ってしまうというアイディアもある。もうゲーム機は個人でも作れる時代になりつつある。(これを商売に出来るかどうかはまた別問題で大変難しいが)CEROから脱却できるかどうかは分からないが、やってみる価値はあるだろう。

4.コンサルティング等面白いゲームの作り方の助言

面白いゲームを作りたいが、具体的な方法論が分からないという人がいるので、助言するという物。

だが、そもそも面白いゲームの作り方なんて簡単に分かったら誰も苦労しないはずで、そんな物を簡単に助言できるのだろうか?自分なりに面白いゲームの理論は固まっているが・・・。

さらに言えば個々人には「面白い物ではなく自分の好きな物を作りたい」という気持ち(フリゲ製作者はこの気持が強いらしい)があり、方法を教えたとしても「誰が従うかこんな物」と話を聞いてくれない危険性も非常に高い。

拍手[1回]

PR

「フリーソフト超激辛ゲームレビュー」から、「作者はフリゲ界に二度と来るな」というレビュー文が送られてきた、という事が起きた模様

フリーソフト超激辛ゲームレビューというサイトがトラブルを起こした。このサイトを知っている人はフリゲを知る人ならそれなりに多いと思うが、何でもフリゲの製作者に対して「作者はフリゲ界に二度とくるな」と暴言を吐いたらしい。

詳しくは下のTogetterに書いてある。結構重大な事だと思うので、載せておく

https://togetter.com/li/1148998


私も似たようなトラブルを起こしかねない人間なので、気をつけよう・・・・明日は我が身だ

追記:

いろいろあってtogetterは消えたようだ、暴言を吐いた事自体は事実のようなのでこのまま載せておく

拍手[0回]

Role Paint終了後に行うべき事は?

Role Paintの開発にはまだまだ時間がかかるが、いろいろあって次にやるべき事について悩んでいる。今のゲーム業界、特に同人やインディーズの世界においてやるべき事が2つある。

1つは広告のシステム。要は良いゲームを作って宣伝しても、今の広告のシステムでは手に取ってもらえない、という事。ゲームのみならず、あらゆる業界において問題になっていると考えられる。

まず、1つ具体的な問題点を上げるとスマホアプリの異常な上位の集中がある。これは間違いなくアップルとグーグルがスマホアプリのストアの紹介をただランキングやオススメを見せるだけに終始してしまっているからだ。今のままではアタリショック状態に等しい。

(ソース:上位0.1%のアプリが、収益全体の90%を稼いでしまう。アプリストアは厳しい「勝者総取り」の世界。

もう一つ、具体例を上げるとすれば広告そのものがうざがられている事。Adblockという広告ブロックアプリが人気を博して以来、その動きは止まりそうにない。一部の会社がやたら広告を連発する事が余計に拍車をかけている。このままでは小さな会社は余計に人気が出づらくなってしまう。

真似されたら困るので具体的には言わないが、これを解決するためのアイディアはすでにある。

もう一つ、3Dゲームの制作の難しさ。少しでもやってみた方なら分かるが3Dモデルとアニメーションの制作は非常に難しい。このため、今の同人ゲーは2Dが主流である。
「UE4とUnityなら簡単に作れるんじゃないの?」と思われる方も要るかもしれないが、ふりーむとDLSiteのゲーム、さらにスマホアプリでは3Dは全く主流になっていない。

また、今の3Dゲームは凄まじい開発費がかかっており、例えば私の推測ではゼルダの伝説 ブレスオブザ・ワイルドの開発費は約84億円かかっている。(任天堂社員の年収と開発に関わった人数は300人、開発期間は5年という情報から計算した)
この問題を解決したい、というわけだ。これも解決するためのアイディアは幾つかある。

2つとも早急に解決しなければいけない問題だが、どちらから先に行うべきか?

拍手[3回]

RPGに使えそうな知識:中世ヨーロッパの食料事情

備忘録代わりにRPGに使えそうな雑学を書く。今回は中世ヨーロッパの食糧事情である。

実は中世(ここで言う中世は476年から1453年ぐらい、コロンブスのアメリカ大陸到達以前としておく)のヨーロッパの食糧事情は想像以上に貧相である。かなり前にツイッターでRPGでジャガイモを出すべきか出せないべきか、という話があった。要するに中世ヨーロッパにはジャガイモがないので出すのは駄目なのでは?という事だ。

・芋が食べたきゃ里芋を食べる事に?

実は・・・という程でもないだろうが、ジャガイモは中南米原産である。つまり、ヨーロッパには元々無い。

ジャガイモが無いとすれば、何の芋を食べればいいのか。その答えは里芋である。一応、ヨーロッパ圏内には伝わっていた。しかし、当時のヨーロッパでは里芋を食べる習慣がなかったらしい。

・トマトもない、バニラもない、お茶もない

優秀な食料であるジャガイモが無いだけでも悩まされるが、もしも、中世ヨーロッパそのものを舞台にするか、架空の世界でも忠実に乗っ取る場合、食料の描画には非常に悩まされる事になる。

まず、トマトがない。あれも中南米原産である。よってイタリア料理の類はまず出せない。バニラもない。なので魔法があったとしてもバニラアイスは作れない。チョコレートもない。唐辛子もない。辛味の調味料は精々ラディッシュか山わさびぐらいだ。

コーヒーもない。さらにお茶もない(そもそもヨーロッパではお茶は栽培できない)。その手の嗜好飲料が呑みたければたんぽぽコーヒーでも作るしか無い。

このように現在のヨーロッパの料理には大航海時代以前では手に入らない食材が非常に多い。明治時代の西洋文化の流入は日本の食事にも大きな影響を与えたが、大航海時代はそれ以上の衝撃をヨーロッパにもたらしたといえる。

拍手[2回]

何故不満に対して対処する人が少ないのか? その3(努力できない人間は何故出来ないのか?という疑問)

何故努力できる人は努力できないのか?という疑問が浮かんで色々考えたのでメモみたいな形で書いておく。何故大半の人は不平不満を抱えながら出来ないのか?

まず、真っ先に思いつく原因は病気か障害である。

「おまえは何を言っているんだ」と思われるだろうが、これが本当なのだ。勉強やプログラミング、小説執筆に何年も集中できない事を病気じゃないかと精神科医の医者に相談して投薬治療を続けたら半年から1年ぐらいで治った。(「一体何故何年も放置したんだ」という話をすると、凄く長くなる上にプライベートのトラブルの話になるので辞めておく。)
が、おそらくこれは相当特殊なケースだろう。

次に思いつく原因は努力できない事を深刻に感じていない事だ。実際、そもそも大半の人は努力できない事を「病気じゃないか」と思う程悩んではいない。通常の生活にそれなりに満足している。そして、現状に真剣に不満と不安を感じている人が努力を行う。だが、これでも説明がつかない人間が大勢いる。

少なくともツイッター等で見られる日本ヘイトやネトウヨ的言動は自分自身の現状に凄まじいまでの不満と招来への絶望的な不安を抱えている、ように見える。努力を行えばある程度どうにかなるのに、である。
(例えば、外国語を勉強しまくれば海外へ逃亡できる。最も、きちんとした知識と考えを持って行った人じゃない限り「日本と大差ないじゃないか」と感じて日本に逆戻りするだろうが)
あれだけ強い衝動を抱えているのであれば、何かしらするのではないのか?

三つ目。実際に指摘されたが私が単に真面目に受け取りすぎているのだけなのだろうという事。
実際そうだろう。だが、冗談の類にしても日本を悲観するような事をあれだけ呟くか?という疑問が湧く。

最後。これが私には理解できないのだが・・・・阿呆な事を呟いて、注目されるのに喜びを感じるという事。だが、意味不明である。あんな事で注目されて何が楽しい?更にもっと謎なのはあんなのをRTする人間が大量にいるという事だ。あんなのに一々共感してたら鬱病になるのではないかと思うのだが。

拍手[1回]