忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

Role Paintの最終目標:日本の同人ゲームを盛り上げるために携帯ゲーム機でRole Paint製のゲームを出せるようにする

今回はとびっきり途方も無い話。

現在、日本国内において同人ゲームは18禁を除き、利益を出せない。おそらく、まともに利益を出せているのは東方projectだけだろう。一方、海外の同人(インディーズ)は比較的18禁でなくても買ってもらえる。

何故こうなってしまったのかは謎だが、私が考えるにフリーゲームの存在が上げられると思っている。要するに無料で有料クラスの同人ゲームが出来てしまって、故に誰も金を払わないと考えている。また、違法DL(俗に言う割れ)の問題もある。これは海外にもつきまとっている。

では、この状況をいかにして打破するか?個人的には、おそらく最終手段を取るしかないと考えている。

それはゲーム機で同人のゲームをプレイできるようにする事。

まさに途方も無い話である。だが、これを行わないと日本の非18禁同人ゲームは発達しないだろう。日本国内において同人ゲームのような1000円~2000円ぐらいの小規模ゲームの購買力はPCゲーマーよりゲーム機のゲーマーの方が上だ。それにゲーム機の方が手軽にプレイできる。

今のところ、PS4でDXライブラリ製の同人のゲームを移植できるが、これでは足りないだろうと考えている。スマートフォン市場もあるが、ランキング上位とそれ以外の格差があまりにも激しく、同人には向いていない。解決策はあるかもしれないが

おそらく、私が聞いた限りの情報では、日本国内で同人クラスの小規模ゲーム市場で一番上手く行っているのはニンテンドー3DSのダウンロードソフトだ。そして、この状況は次世代機が出ても継続するだろうと見ている。つまり、ニンテンドー3DSの次世代機が引き続き日本国内の同人クラスの小規模ゲームの市場を占めると考えている。故に任天堂のゲーム機に同人のゲームを出せるようにしないといけない。

となってくると、もはや同人の規模では済まないだろう。会社を立ち上げ、任天堂やCERO等に開発機材や表現規制等を交渉し、任天堂製ゲーム機に同人ゲームを移植する手筈を整えなければいけない。
同人サークルが同人ゲームを移植させてくれと頼むというのは基本的に無理だが、どんなに小さくてもきちんとした会社がゲームを移植させてくれと言えば、話は変わってくる。

つまり、同人ゲーム移植の代理店を作るのだ。前にスマホにゲームを出す代理人がいると書いたが、これと同じことだ。

この時、Role Paintは大いに役立つと考えられる。本来のゲーム開発は専用の機材がなければ無理だが、Role Paintのようなクロスプラットフォームのゲームエンジンのデータなら、そのデータを代理店がちょっと手を加えるだけでいいからだ。実際、UnityやUnreal Engine 4はゲーム機用のゲームを作る事が出来る。(作る事が出来るだけで出せるわけではないが)

一応の最終目標として「フリーゲームのみならずシェアウェアも含め、同人の2DRPGはほぼ全てRole Paint製にする」という目標がある。スマートフォンのみならず、ゲーム機でまで動かせるとなれば、その人気は爆発するだろう。

ただ、さすがにフリーゲームをそのままプレイヤーに無料でプレイしてもらう、というのは無理だろう。まだ、相当数のゲームが表現規制に引っかかると考えられる。

それ以前にわざわざRole Paintの為だけに会社を立ち上げるのか、という話だが・・・。
(どこかの会社と契約するという手もあるが)

ツクールを作っているエンターブレインが代わりにツクール製のゲームをゲーム機で動かせるよう、やってくれないだろうか?

拍手[2回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。