忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

何故スクリプトを搭載するのか

何故スクリプトを搭載するのか、という話。

大分前の話だが、このようなコメントが有った。


http://kurete.blog.shinobi.jp/condition/3


その上で何故搭載したのか答えると、早い話、あれば楽だからだ。

いわば、RGSSのようなスクリプトは「こういう機能を実装したいが、イベントコマンドではどうしても出来ない」という願いを叶えてくれるツールだ。

また、「一から十までイベントで作るのが面倒くさい。既存の物を利用して改造を行いたい」という人の願いを叶えるツールでもある。

特に後者は大きい。プログラミングが出来れば、の話ではあるのだが例えば戦闘を自作したい場合、一からイベントで作るより、中身のスクリプトを改造した方が遥かに楽なのだ。

そんな人は一からプログラミングでやるべき、という声もあるだろうが、これは非常に難しい。特にマップは恐ろしい手間がかかる。個人的にはゲームエンジンを開発してからやった方が良いと感じるぐらいだ。

当然ながら、出来るかぎりイベントコマンドも大量に実装するつもりだ。それこそWOLF RPG エディターに対抗できるぐらいには。

・何故先に実装したのか。

今となって考えてみると、マップが先でも良かったのだが、このスクリプトエンジンを作らずにイベント処理などを作ると、その部分の開発が無駄になるからだ。

おそらく、ツクールXPで多くのイベントコマンドが排除された原因はそこが原因ではないかと考えている。制作当初からではなく、途中からスクリプトエンジンを実装しようとしてしまって、前々から作っておいたイベントコマンドのプログラムが無駄になってしまったのではないかと予想した。
このような事が起こらないよう、作っていた次第である。

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
コモンイベントで戦闘などを実現する重要性
ウディタに対抗するためには、コモンイベントでほとんどの機能を実現できる必要があります。ウディタでは、知っての通り、メニュー画面や戦闘システムなどが、コモンイベントとして提供されいます。つまり、他は分からなくても、ほんの数行だけ改造とか、他のコモン呼出を1行だけ追加とかが実施しやすいです。
「改造したい人は、プログラム(Ruby)を触ればいい」では、ユーザーは付きません。「改造したい人は、既に用意されているコモンイベントを触ればいい」となるウディタ方式である必要があるのです。
hawksword 2016/02/08(Mon)23:47:01 編集
コモンイベントで戦闘などを実現する重要性
ウディタに対抗するためには、コモンイベントでほとんどの機能を実現できる必要があります。ウディタでは、知っての通り、メニュー画面や戦闘システムなどが、コモンイベントとして提供されています。つまり、他は分からなくても、ほんの数行だけ改造とか、他のコモン呼出を1行だけ追加とかが実施しやすいです。
「改造したい人は、プログラム(Ruby)を触ればいい」では、ユーザーは付きません。「改造したい人は、既に用意されているコモンイベントを触ればいい」となるウディタ方式である必要があるのです。
hawksword 2016/02/08(Mon)23:49:04 編集
Role Paintに期待する理由
どうして、ウディタを使用している人が、わざわざ「Role Paint」に期待するかを述べます。

1.MVの台頭で、ウディタのアドバンテージだった800×600が打破された。
2.ウディタの開発者にアプローチしても、もはや情熱がなく馬耳東風。
3.そんな時にRole Paintを発見した。

つまり、ウディタのユーザーがRole Paintに乗り換えるのであって、RPGツクールのユーザーは恐らく、あまり漂着しません。何を期待してるのか? ズバリ、1280×720、1920×1080、あるいは960×720です。それ以外をどんなに頑張っても、ツクールやウディタにアドバンテージがあります。ましてやウディタは無料だし、ツクールは素材が豊富です。ウディタを超えることで、動きやすいウディタユーザーが流れ、その水準で初めてツクールユーザーが動くと考えています。

※編集ができず、上の2つは誤字を直した同じ内容なりました。最初のメッセージは削除して構いません。
hawksword 2016/02/09(Tue)00:02:29 編集