忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの感想

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドをやった感想を書く。このゲームのせいで2週間程Role Paintの製作に集中できなかった。

簡潔に述べるとRole Paintの製作や今までやってきたゲーム、今まで自分が溜めてきたゲームの構想、アイディアが馬鹿馬鹿しくなるほど凄まじいゲームだった。

・オープンワールドではなく、オープンエアー

任天堂はこのゲームをオープンワールドではなく、オープンエアーと言っているが、この言葉に全く嘘偽りは無い。

初め、ゼルダがオープンワールドになると聞いてかなり不安になった。というのも、自分がオープンワールドのゲームをやってきた中で楽しいと思える物がなかったからだ。正直、「フィールドをただ大きくしただけじゃないか」と思っていた。おまけにWiiリモコンの操作を捨てボタン操作に戻すという退化と言えるような事をした。

が、この不安は払拭された。「ユーザーが楽しいと思える事」を全てぶち込んできたのだ。

まず、山登り。「この場所に行ったらどうなるんだろうか」という楽しさがある。降りる時はパラシュートで遠くへ行けるのも非常に楽しい。
狩りによるアイテム収集と料理。これはRPGでよくあるシステムだが、これもかなり楽しい。
ミニダンジョンである試練の祠も探索と謎解きの面白さに一役買っている。また、ストーリーの進め方も自由なので一体どこから手を付けるかという楽しさがある。様々なゲームの要素をぶち込んで一纏めにしたと言える。

また、これまでのゼルダのような大きなダンジョンもあるのだが、その気になればゴリ押しが可能で、これもかなり楽しい。とにかく、自由度が半端ではない。

「フィールドをでかくしましたよ!凄いでしょ!」というゲームではなく、「ここに遊び場を用意した。後はお前の自由だ」というゲームであり、これをオープンエアーという造語で表現したのはまさに的確といえる。

・ストーリーの出来も良い

詳しくは言わないが、スカイウォードソードの辺りからゼルダはシナリオに力が入れられるようになったが、今作も相当出来が良い。「ガノンをぶっ倒してやる」という気持ちになる事請け合いである。

・自分がやってきた事は一体何だったのか。

正直、大変失礼な物言いだが、冗談抜きに自分がやってきたゲームはなんだったのか、自分が考えてきた物はなんだったのかと思わされるゲームである。自分が今後ゲームを作ろうと考え場合、もはやブレス オブ ザ ワイルドで採用された要素がないゲームは考えられない。真面目にゲームを作る気が失せた、と言いたくなるほどの出来である。

・どうすれば個人でもこれ程のゲームを作れるようになるか

ただ、一つ大問題がある。このゲームがやたらお金と人員がかかっている。インタビューによれば300人の人数のスタッフを使って作ったという事だ。さらに5年もかかっている。

いや、上のインタビューを見る限り、相当プロジェクトが迷走していたようなので、今後似たようなゲームを作る時は2~3年で済むかもしれないが、恐ろしいまでの人員がかかるのは避けられない。

2Dで済ますという手もあるが、2Dだとここまで楽しいゲームは作れないだろう。ある程度アクションの動きの幅がないと良いものは作れない。

何とかしてRole Paintを完成させ、その収益と経験を使って個人でも簡単にこのオープンエアー型ゲームを作れるツールを完成させられればいいのだが・・・

拍手[1回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
3DのRPGを(ツクールでゲームを完成させられる割合で)作れるツールならば、有料でも売り込めると思います。もちろん、キャラクターそのものを、髪の毛とか目とか服とかを合成して作れることが前提です(あるいは、他ツールの3D人物を取り込めるとか)。マップもユーザーが簡単に作れるか、雛形をたくさん用意して、それをいじる程度で、粗方のシーンは作成できる前提です。

しかし、その資金の前にRole Paintですよね。体験版について意見を述べます。

まず、体験版というのは、制作途中の物を公開するのではなく、原則はそのツールで最後までゲームを作れる機能が必要です。ほぼ完成版を用意した上で、その体験版に価値があります。体験版は無料配布なので、特に有料版を設定していない今の時期ならば、素材サイトの無料素材を使えます。素材が足りないという弁明も不要です。

ウディタのサンプルゲームはご存じでしょうか? 30分程度でクリアでき、たった3つのマップで、エンディングにたどり着けます。Role Paint体験版では、その程度のサンプルゲームも一緒に付属させ、なにができるのかを明確化するユーザーに明確化する必要があります。


ところで、このブログはパスワードを入れてもコメントの修正ができません。試しに、訪問者が使える機能の範囲で、ご自分でやってみてください。
柚子 2017/03/20(Mon)09:53:39 編集