忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

アクションゲーム制作ソフトの難しさ

最近、思い出したが、前にこのような事を言われた。
突然のリプ失礼します。Role paintでは、戦闘画面に移動せず、マップ上でそのまま戦闘が行えるリアルタイム戦闘(?)タイプのゲームを作成することは可能でしょうか?説明下手ですみません(;;゚; ;゚;)
希望としてはアクションRPGです。ウディタにARPGコモンがありますが、ウディタが私は扱いにくく使いこなせなくて…スピード感のある戦闘を行いたい時に戦闘毎に画面を移動していると、どうにも気持ちが乗り切れない部分が否めず……言葉が足りずすみませんm(_ _)m

https://twitter.com/KureteRubyLua/status/857537616509411328

実を言うとRole Paintでアクションゲームを作れるようにもしようと考えたが、ちょっと難しいので辞めたのである。まず、Role Paintそのものに搭載した場合の問題。

・当たり判定の設定

アクションゲームにするには各キャラの当たり判定を設定する必要があるが、これをRPGも作れるソフトで行おうとすると煩雑になってしまう。

・タイルごとの移動と1ドットの移動

切り替え機能を搭載すればいいだけの話ではあるのだが、アクションゲームにしようとすると1ドットごとの移動となり、通常のRPGの操作感とは異なってしまう。



なので、もしやる場合はRole Paintのソースコードを流用して別の専用ソフトを搭載する事になるのだが、この手法でも以下の問題が残ってしまう。

・ドット絵素材の多さ

アクションゲームの場合、キャラクターごとにアニメーションさせる必要があるが、これはRPG以上に大量のドット絵が必要であり、非常に手間がかかってしまう。

・似たようなゲームしか作れない

2Dのアクションゲーム最大の弱点は作れるゲームの種類にある。RPG以上に似たようなゲームしか作れなくて斬新な物を中々出せないのだ。どうしてもマリオに近い物になったり、メトロイドに近い物になってしまう。

・ゼルダは難しい

上の意見だとゼルダを作りたいという趣旨の発言であったが、このゼルダ、ツクールのような制作ソフトでやるにはかなり難しい。ゼルダというゲームは言わば物理法則を擬似的に再現してそこから様々な事を行うゲームだが、様々な条件分岐が絡み合う。RPGツクール並みに自由度を確保しつつ簡単に作れるというのは、かなり難しい物がある。もしやるとすればツクールのような拡張性は犠牲となり、マリオメーカー程度の自由度となるだろう。

ゼルダが評価されるのはこの技術的な難しさを軽々超えていく点も大きい。

ちなみに、実際にアクションゲームエディターというフリーのアクションゲーム制作ソフトがある。また、上記のゼルダに関してもZelda Classicという海外製のゼルダ風ゲーム制作ソフトが有る。

・やるとすれば3Dか

もしアクションゲーム制作ソフトをやるのなら、やはり3Dでやりたい。3Dであれば様々な種類のアクションゲームを作る事が出来る。また、膨大な数のアクションを用意する場合、2Dより3Dの方が遥かに楽である。(ドット絵の格闘ゲームが衰退した原因はこの辺りも大きい)

ぜひとも3D製作の問題を解決した上で3Dアクションゲーム制作ソフト、それもゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルドのようなオープンエアーゲーム制作ソフトを作りたい物だ。

拍手[1回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。