忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

物理アタッカーと魔法アタッカーを差別化出来ない原因のメモ

この記事この記事の続きである。

物理アタッカーと魔法アタッカーを差別化出来ない原因を調べていったが、何故そうなるのか原因が1つ分かった。

それは魔法攻撃力が物理攻撃の際に死にステになってしまう事。その逆も然り。

お前は何を言っているんだ、と言われるかもしれないが、少なくとも自分が作るゲームにおいて原因はおそらくこれだ。

物理攻撃の際には攻撃力、防御力、命中率、回避率が関わってくるが魔法攻撃の際には魔法攻撃力と魔法防御力しか関わってこない。これが原因だ。

・火力の種類

ついでに各RPGにおいて使われている攻撃手法について分類分けしてみる。

純粋に攻撃を行う事に対して火力という表現が使われる事がある。ダメージが大きいのを「火力が高い」というふうにだ。そのRPGにおける火力の種類を分けるとこうなるだろう。

1.純粋にダメージが大きい(例:物理アタッカーの攻撃)
2.MPかそれに類する物を消費する(例:魔法)
3.特定の敵のみにダメージが大きい(例:氷の敵に対して炎攻撃)
4.時間を消費する(例:ポケモンのはかいこうせん)
5.道具を消費する(例:道具を用いた攻撃)
6.防御力を消費する(例:リメイク版FF3の「ふみこむ」)
7.HPを消費する(例:FFの「暗黒」)

このうち、大半のRPGは1と2と3を採用している。そして、2と3に問題がある。序盤はともかく、中盤以降になるとMPが増えていってMPのコスト消費が有名無実になってしまう。3に関しても炎や氷の属性のような成長しない要素ならまだ良い。物理攻撃力と魔法攻撃力のような成長するパラメータになると「どっちかは育てなくていい」という形になってしまう。所謂死にステである。その上でポケモンとFEは差別化に成功しているが・・・。

RPGの親戚とも言えるカードゲームの火力には主に2つの種類がある。

1.威力は低いが、使用するのに時間がかからない(例:MTGの稲妻)
2.威力は高いが、使用するのに時間がかかる(例:遊戯王の青眼の白龍)

これに関してはMTGが生み出し、他のカードゲームにも受け継がれたコストのルール、「カードゲームにおいてはRPGで言えば最大MPが徐々に増えていく」という面が生み出した物といえる。この2つは同じダメージを与えるだけの行動でありながら差別化が上手く出来ている。

・解決策は?

ここまで分析し、原因も分かったのだが解決策がいまいち思いつかない。とりあえず、MPは廃止するかコストを物凄く増やすかという事になるが、「物理攻撃力か魔法攻撃力のどちらかが死にステになる問題」を解決する方法が思いつかない。何か手があればいいが。

ただ、「武器を装備していない時の攻撃力を魔法攻撃力として扱う」という方法を思いついている。NARUTOやらRWBYやらを見ていると、「物理攻撃力が魔法攻撃力にも密接に関わっているように見える」から考えたものだが・・・。

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
「物理と魔法」ではなく「魔法も物理」と考えてみては。

■魔法について

魔法は「知識と能力による技術の一種」であり、エネルギーを利用して物体に働きかけることから、本質的には物理的な技術と同等のものである。魔法アタッカーも物理アタッカーも電力で動く戦闘ロボットに代替可能と考えると分かりやすい。

魔法の特異性は発生源が現実には存在しない魔力であるという点のみで、発動してしまえば炎も氷も物質的、物理的なものである。「相手を確実に石にする魔法」であれば命中率・回避率は影響しないが、「相手に向かって石を投げる魔法」であれば命中率・回避率が影響する。

その上で、魔力を上手く扱うには「魔力にプラスに働く力」=魔法攻撃力が必要であり、魔力を帯びたものから身を守るには「魔力にマイナスに働く力」=魔法防御力が必要である、と考える。回復魔法を受ける際はマイナスの力で防ぐ代わりにプラスの力で強めるとすれば、物理職であっても自身の魔法攻撃力の恩恵を受けられる。

物理に対して魔法のコスパが良すぎる、高威力すぎる、という場合は、魔法の威力を物理と同程度に留めたり、道具を消費した上で時間を消費するなどコストの調整を行う。

■魔法職について

魔法職は「物理を前提に特殊スキルも扱える補助職の一種」であり、「敵の技を覚える獣人」や「薬の効果を増幅させる薬師」、本文でも触れられている「チャクラで特殊スキルを扱える忍者」などに近い。

物理攻撃には体力切れがなく、魔法攻撃には魔力切れがある、という仕様は不自然に思えるので、コストは触媒となるアイテムや物理/魔法に関わらないTP制などが自然。と考えれば、物理職と同じようにバランスを管理しやすくなる。

バランスを取ることができれば魔法職の物理能力が高くても問題はなく、コスト温存のために積極的に物理攻撃を選択できるようになり、死にステの問題も解消される。
NONAME 2017/07/14(Fri)19:14:00 編集