忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

赤字続きの会社が運営するSNSには碌でなしが集まる? その2

この記事の続きである。何故赤字続きの会社が運営するSNSには碌でなしが集まるのか、自分なりに結論を出せた。考えてみれば当たり前の話だった。

因果関係が逆で「碌でなしが集まるから赤字になる」である。凄まじく差別的な言い方だが、碌でなしから利益を集めるのは不可能だ。

ここで言う碌でなしとは「文句ばっかり言ってサービスを辞めとうとしない、サービスには対価が必要なのにお金を払ってくれない人」の事である。この定義にあまり反論する人はいないだろう。前者の文句ばっかり言う碌でなしは日本ヘイトやネトウヨ、後者はbotやなりすましである。

前者も後者も百害あって一利なしである。前者は文句ばかり言う事によってお金を払ってくれたり荒らしたりしない優良なユーザーを離れさせ、後者は無駄にお金を使う羽目にになるだけだ。

黒字続きのSNSはこれらを追い出せるよう、それなりに工夫している。Facebookにおいて「本名が星飛雄馬の人を実名じゃないと判定して追い出した」というニュースが相当前にあった。これはFacebookの対応がひどいとも言えるが、逆の視点で見ればFacebookはbot等の質の悪いアカウントを追い出せるよう尽力しているとも言える。ニコニコ動画もそうだ。お金を払わない人間に対して質の悪いサービスになるようにしている。一見「お金を払ってくれないとまともなサービスをしてくれない碌でもないサイト」に見えるが、これによってユーザーの害となり赤字の原因となる碌でなしを追い出しているとも言える。どのサービスも碌でなしを集めないよう、対処療法めいた形でもそれなりに手を打っている。そして、ツイッター社はそれをしてない。だから赤字続きであると考えられる。

拍手[1回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。