忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

RPGに使えそうな知識:中世ヨーロッパの食料事情

備忘録代わりにRPGに使えそうな雑学を書く。今回は中世ヨーロッパの食糧事情である。

実は中世(ここで言う中世は476年から1453年ぐらい、コロンブスのアメリカ大陸到達以前としておく)のヨーロッパの食糧事情は想像以上に貧相である。かなり前にツイッターでRPGでジャガイモを出すべきか出せないべきか、という話があった。要するに中世ヨーロッパにはジャガイモがないので出すのは駄目なのでは?という事だ。

・芋が食べたきゃ里芋を食べる事に?

実は・・・という程でもないだろうが、ジャガイモは中南米原産である。つまり、ヨーロッパには元々無い。

ジャガイモが無いとすれば、何の芋を食べればいいのか。その答えは里芋である。一応、ヨーロッパ圏内には伝わっていた。しかし、当時のヨーロッパでは里芋を食べる習慣がなかったらしい。

・トマトもない、バニラもない、お茶もない

優秀な食料であるジャガイモが無いだけでも悩まされるが、もしも、中世ヨーロッパそのものを舞台にするか、架空の世界でも忠実に乗っ取る場合、食料の描画には非常に悩まされる事になる。

まず、トマトがない。あれも中南米原産である。よってイタリア料理の類はまず出せない。バニラもない。なので魔法があったとしてもバニラアイスは作れない。チョコレートもない。唐辛子もない。辛味の調味料は精々ラディッシュか山わさびぐらいだ。

コーヒーもない。さらにお茶もない(そもそもヨーロッパではお茶は栽培できない)。その手の嗜好飲料が呑みたければたんぽぽコーヒーでも作るしか無い。

このように現在のヨーロッパの料理には大航海時代以前では手に入らない食材が非常に多い。明治時代の西洋文化の流入は日本の食事にも大きな影響を与えたが、大航海時代はそれ以上の衝撃をヨーロッパにもたらしたといえる。

拍手[2回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。