忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

プログラミングの構文をビジュアルプログラミングの構文にする難しさ

二日間集中すると言って娯楽関連サイトの閲覧とSNSの仕様を断ったが、煮詰まってしまってニッチもサッチも行かなくなってしまったので早めに切り上げてブログの更新やツイッターの返答等を一回再開するとする。

まだまだ作業は多いが、まずやるべき事は何かを考えた結果、イベントコマンドの実装を先にすべきだと考えて作業していたのだが煮詰まってしまった。

例えば通常のプログラミングでこのような例文があったとする。

foo=foo+func()*2

これは「fooという変数にfooとfunc()という関数を呼び出して得られる数字を2倍にした物を代入する」という例文である。

このような分をビジュアルプログラミングに変換するという作業で行き詰まってしまった。発生した問題点は2つ

1.実装の難しさ

上のような文章をビジュアルプログラミングに変換するにはプログラミング言語そのものを作るような作業が必要であり、非常に難しい。そもそもプログラミング言語そのものを作るための史料が殆ど無い。

2.初心者にとって読みづらくなる可能性

よしんば上手く行ったとしても、読みづらくなって初心者がイベンドコマンドで何をやっているか理解しづらくなる可能性が高い。

試しに今、行おうとしているビジュアルプログラミングで実装しようとするとこうなる。



もちろん、ここで割り切って従来のイベントコマンドみたいに自由な構文をかけないようにする手もあるが、そうなってくると上の例文のように一行で済まさせる物を何行も書く羽目になってしまう。一体どうするべきか。

結局、休日の二日間は缶詰だったのにも関わらず、あまり前に進まなかった。

ただ、「ここはこうすればいのか」と学べる部分も多かったので、収穫は多かったと言える。またやるだろう。

とりあえず、時間がかかっても自由に構文をかけるようにするか、それとも楽な方向を選ぶかは明日中に決めるとする

拍手[3回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。