忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

スクリプト機能はいらない?

今、ビジュアルプログラミング、ウディタやツクールで言うイベントコマンドを作っている。まだまだ時間がかかりそうな状況だが、作っていて恐ろしい事になってきた

「もしかした、mrubyのようなスクリプト機能はいらないんじゃないか?」というところまで来ている。ここに来てmrubyのようなスクリプト機能の存在価値を疑うような状態になってきているのだ。

そもそもツクールやウディタのイベントコマンドはC言語と同クラスの表現力を持っている。仮にスクリプトがC言語ならば、そもそもスクリプトの機能はいらない。

何が言いたいのか、というとスクリプトはイベントコマンドで表現できない物を使うために使われてきたという事。そして、何の学習もなしにイベントコマンドでオブジェクト指向を扱えるのであればスクリプト機能はいらないという事である。

実際はそんな事は前に書いた記事のように不可能だと思っていたのだが・・・・作り続けたら事情が変わってきた。解決策が出てきたのだ。

やり方は前に言ったオブジェクト指向の視覚化に近い手法だが、アドオンで作ったデータベース画面にイベントコマンドを埋め込む。そして、そのデータベース内にあるイベントをどこでも使えるようにする。
ツクールで言えば敵グループのデータベース画面で書かれてあるイベントをマップイベント内で呼び出すのだ。

こうすればオブジェクト指向は視覚的かつ直感的に実装が可能になる。

実際のところ、イベントコマンドの部分はmrubyによるdslで実現するのでmrubyによるスクリプト機能は捨てられないし。また、イベントコマンドは普通にキーボードで打つのと比べて作るのが遅くなる。なので、完全な代替にはならず、スクリプト機能はそのまま入れるだろう。

ただ、「ウディタより直感的に、かつ作り直しもしやすいゲーム制作ソフトが出来る」というところまで来た。

ここまで来ると、おそらく「イベントコマンドで作ったゲームシステム」と「スクリプトで作ったゲームシステム」の両方が必要となってくるが、手間がかなりかかる。どうするべきか

拍手[2回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。