忍者ブログ

RPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくぜ!ツクールのようなRPG製作ソフト「Role Paint」を作っていくブログ。 相互リンク募集中

後もう少しで新しい体験版を出します

後もう少しで新しい体験版を出せそうな状況になったので報告する。有料になるかもしれない。

拍手[4回]

PR

結局ツクール式のイベントコマンドを採用

イベントコマンドについてあの手この手悩んだが、結局ツクール式のイベントコマンドを採用する事にした。もちろん、アドオンによって命令が拡張可能。

このせいで自由度が一気に下がって複雑な命令を実行する手間が一気に増えてしまったが、仕方ない。

何でこうなったのかというと、そもそもプログラミングが出来ない人はIf分やWhile分や変数を操作するための数式が元々書けないんじゃないか?という考えになったからだ。こっちの方が視覚的に見やすくなるという利点もある。

いろいろ改善点はあるだろうが、どうしても良いアイディアが思いつかないのでこうする事にする。

拍手[3回]

制作再開

Role Paintの製作を再開した。前にあったように凄く良いアイディアがあったので、ある程度実行した。そして「これは行ける」という確信まで持てたが、それより先にRole Paintを完済させたほうがいいと考えたので、そちらを実行することにした。

上手く行けばいいが・・・。

拍手[4回]

しばらくRole Paint制作を休みます。復帰目途は2~3か月後です

申し訳ありませんが、またしばらくRole Paintの制作を休みます。

話をするとまず、この記事から遡る。


昨今の個人製作ゲームの取り巻く問題とそれを解決できないRole Paint


「今のゲーム最大の問題は絵(ドット絵や3D、アニメーション等)に手間がかかりすぎる事。この問題を放置したまま、Role Paintを作っていいのか?」という悩みに苛まれていた。

おまけに「Role Paintを完成させても大してユーザーの利益にならないのでは?」と思ってRole Paintへのやる気がなくなっていた。はっきり告白すると3年も時間をかけたせいで心が折れた。

その一方、「絵を簡単に書けるようにする」というアイディアに関してはずっと考えており、ついにそのアイディアを思いついた。詳細は言わないが「ある古典的な手法と古典的な手法を合体させる事により、簡単に誰でも楽しく3Dモデリングが出来る」という物だ。

そして、このアイディアの実現はRole Paintの制作より早くやらないといけない、という結論に達した。

おそらく、このアイディアの実現には1か月ぐらいかかる。おそくなっても3か月だろう。今度はRole Paintみたいに開発を遅らせない。きっちり計画を立てて早急に基礎となる部分を完成させる。

なので、しばらく待ってほしい。自分はこのアイディアの実現に力を入れないといけない。

拍手[3回]

なんとか復帰

精神的にぶっ倒れて製作が進まない、と記事にしたが、なんとか復調した。

ぶっ倒れた理由を簡潔に述べると「完璧な物以外全て無価値だ」という強迫観念が中々拭えなかったからだ。

例えばゲームで話すと「ゼルダBotW級以外のゲームは全て無価値だ」という考えが拭えなかった。そして、小説や漫画ならまだしもゼルダBotW級のゲームを作るには100億円近いお金がかかり個人では絶対不可能だ。

そして、Role Paintはその問題を解決できず、作る価値があるのかと悩んでいたわけだ。ついでに言えばそんな事を可能にする技術が各大学や企業の研究にすらない。

で、どうすればいいのか、と真剣に悩みすぎてこうなったわけだ。ある人に相談して落ち着いたが、またぶり返す可能性がある。どうしたものか

拍手[2回]